宮崎謙介議員の浮気相手は何人?宮沢磨由以外の名前をチェック!

宮崎謙介衆議院議員のゲス不倫騒動、
まだまだ、収まりません!

12日議員辞職会見では、あまり注目されてませんでしたが、
金子恵美議員との離婚や、宮沢磨由以外の不倫相手について、
聞かれてました。

離婚もありうる発言だったり、
結婚後の女性関係について、「否定はできない」と回答

週刊文春(センテンススプリング)の第2弾は、
第2、第3の女性問題かもしれません!

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-12

スポンサーリンク


議員辞職会見の内容を振り返ってみよう!

12日の会見は、議員辞職を表明したことが注目され、
これ以外のことが、見過ごされているかもしれません。

もういちど、会見内容を振り返ってみましょう。

冒頭に宮崎議員がコメントを読み上げた内容から、
ポイントとなる部分を抜粋してみましょう!

・宮沢磨由との密会について

1月4日、今国会開会日に着物の女性を第一議員会館にお呼びしまして、来ていただきました方の1人が今回の報道されている方でございます。その時が初めてその方とお会いをしたタイミングでございます。その後SNSで丁寧なメッセージをいただきました。そこから連絡のやり取りが始まりました。
電話やメール等のやりとりを中心にコミュニケーションを取り、お会いしたのは3回だと記憶しております。京都でお会いしたのが最後です。今、現在は連絡を取っておりません。

・議員辞職と今後について

・・・深く深く深く反省し、議員辞職をする決意を固めたところでございます。
一から出なおして、いつの日かまた、私の理想と実現したい政治を追い求めることができる資格を与えていただけるように出直してまいりたいと思います。

また、政治の世界に戻ってくることを宣言してます・・。

このあと、記者たちとの質疑応答に入ります。

・奥さんの金子恵美議員とどういう話をしたのか?

妻と話をしましのは、2月6日の夜だったと記憶しています。病室で妻の顔を見て、息子の顔を見て、罪悪感、後悔の念、一気に溢れてきて、話しにくいことも含めて話しました。夫として、まずは妻に対して一生涯をかけて償っていこうと思っております。

注目すべきなのは、週刊文春の記者との質疑応答です。
結構突っ込んでいるので、やりとりの全文を引用しましょう!

スポンサーリンク


記者:週刊文春です。最初にこの件について聞かれたときに、「知らない」と答えたのはなぜだったのですか。今回の女性以外にもほかの女性と関係があったりとか、2人で食事をしたりとかはあったんですか。最後に奥さんとの結婚記念日について教えてください。
宮崎:1つ目、「知らない」と申し上げたことにつきまして、人として動揺してしまって、とっさに嘘をついてしまったことを恥じています。あの時、失礼な態度をとったことについてお詫びを申し上げたいと思います。
さらに言いますと、私はそのときに「どうにかしてごまかせないものだろうか」と考えてしまいました。正直なところです。「お互いが黙っていれば大丈夫だから」と考えました。恥ずべき思考であり、行動だったと思います。
そのほかの女性のことでございますが、これまで私も35年間生きてきたなかで、本当に恥ずかしい限りですが、いろいろな方々を傷つけてきたことはあったと思います。本当にそういった皆さまに対しても、お詫びを申し上げたいと思います。
記者:結婚してからということですか?
女性ということであれば、否定はできないところであります。結婚記念日につきましてはどうか我々夫婦の間のことでございますので、ご容赦いただけるようにお願いできますでしょうか。覚えてはいるのですが、どうか2人の大切なプライベートなこととご理解いただけると幸いです。

この文春のツッコミですが、
このあと、いくつかの質疑応答の後に、
別の記者と思われますが、また、突っ込みます。

臨場感を感じていただきたいので、
部分的になりますが、引用しましょう。

記者:今回週刊誌に出た女性以外にも、ほかの女性とも結婚後になんらかのそういう不適切な関係があったのか? あったのすれば何人いらっしゃるのかという事実関係と。

この質問に対し、宮崎議員は答えなかったので、
さらに記者は突っ込みます!

記者:あんまり詳しいことはいいんですけれど、週刊誌に追跡された方以外にも?

宮崎:女性と関係があったことは否定はいたしません

おおー!!言ってしまいました!
宮沢磨由以外にも、結婚後に関係があったと!!

これは、次のバトルが始まりますね!

複数の不倫相手は何人?誰なのか??

結婚後に、女性関係があったことを認めてます。。

とういうことは、結婚がいつなのかがポイントです!

「結婚記念日」に注目が集まるはずですね!!

金子恵美議員と結婚披露宴を開いたのは、
2015年12月23日ですが、
結婚記念日がいつを指すのか、はっきりしてません。。

時系列で見ると、
二人の選挙日程がポイントになると思われます。

2014年12月14日、衆院選で当選。

このあと、2015年4月26日の、統一地方選までには、
結婚したかった模様ですから、この間、約4ヶ月が、
結婚記念日かもしれません。。

2015年始めの頃に結婚していたとすると、
約1年以上ありますから、暴れ放題だったのでしょうか?

2〜3ヶ月に一人の割合としても、
5人くらいと不倫してても、計算上、おかしくないですね。。

相手の名前は、、残念ながら情報がないので、
週間文春の発表を待つか、
ご存知の方がいらっしゃったら、コメントでお知らせ下さい。

まだまだ、騒動は続きますね!

辞任記者会見の動画ですので、ご覧ください!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

関連記事

夏目三久の年収が話題!人気復活の成功要因を調べてみた!

夏目三久アナウンサーの人気が、 復活してきてます! 数年前に、週刊誌ネタになり、 一時期は

記事を読む

宮崎謙介の元妻(加藤鮎子)との離婚原因は浮気?不倫回数もチェック!

宮崎謙介衆議院議員が議員辞職を表明し、 イクメンムードに水を差してしまいました。 原因は、出

記事を読む

寺内樺風が使った誘拐少女(埼玉)の偽名は何?名前を調べてみた!

埼玉県朝霞市の中学生が、千葉大学近くのマンションに監禁され、東京都東中野駅で保護された事件、容疑者の

記事を読む

ブラピが離婚の理由は?アンジーの子供愛と激やせが原因との噂が!

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの離婚を申請したと、米メディアが複数報道しています!

記事を読む

軽井沢バス転落事故まとめ!ツアー会社の社長や運転手の責任は?

軽井沢のバス転落事故、 徐々に事実関係が明らかになってきましたが、 これまでの記事を、まとめてみ

記事を読む

オレンジ色の光(航空自衛隊機消失事件)は何?正体と原因をチェック!

自衛隊機がレーダーから消え行方不明になったというニュースが、飛び込んできました! 鹿児島県の鹿

記事を読む

有名俳優H(清原逮捕の次)は誰?連ドラ出演の30代俳優の名前をチェック!

様々な名前が取り上げられる、清原和博の次の逮捕者! 色々な芸能人や野球界の方々に疑惑の目が向け

記事を読む

IS志願の日本人男性は誰?顔写真や名前を調べてみた!

イスラム国の戦闘員に志願しようとした日本人男性が、トルコの当局に拘束され、日本へ強制送還されたとのニ

記事を読む

上重アナのスッキリ降板理由は?靴チェーン元会長の名前をチェック!

日テレの朝の人気番組「スッキリ!!」で、 司会を務める上重聡アナウンサーが降板です! お笑い

記事を読む

元ジャニーズX(疑惑)は誰?スキャンダル写真と名前を調べてみた!

高島礼子の旦那、高知東生逮捕で騒がれてますが、有名な元ジャニーズXの一大不祥事写真が話題になってます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

有村架純の自宅はどこ?ラグジュアリーマンション住まいで家賃が話題!

有村架純の住まいが話題になりましたね!以前は、6畳一間だったのに、今で

ブラピが離婚の理由は?アンジーの子供愛と激やせが原因との噂が!

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの離婚を申請したと、米メデ

セブンイレブン(小金井市)が話題に?場所と店長の顔写真をチェック!

バカッター現る!コンビニで違法駐車されたことに対する店長のツイッターが

高畑裕太冤罪事件のX(被害女性の知人)は誰?LINEの顔写真もチェック!

高畑裕太逮捕は、清原事件や高知東生事件と同様に世間を騒がせましたが、不

週刊文春次の不倫スクープは誰?日曜日人気番組出演の人物をチェック!

中村橋之助の浮気報道で情報番組が騒がしくなってましたが、9月15日放送

→もっと見る

  • サラリーマン人生30年以上を過ごし、この年になっても、興味が湧いたり疑問に感じたりすると、とことん調べないと気がすみません! 特に、笑えたり癒されるような話題に、目がいってしまいます・・。
    このおかげで、色々な分野の知識が身につき、話題には事欠かなくなったので、日々、気になったことを記事にして、笑いと癒しをモットーにアップしていきますので、楽しんでください。
    また記事には、皆さんからの感想やツッコミが励みになりますので、ぜひ、コメント欄からお願いします!!

PAGE TOP ↑