熊本被災者が地震保険未加入な理由は?自宅再建の方法を調べてみた!

熊本地震の被災地ではボランティアの活動も始まり、仮設住宅の建設も始まった模様なので、少しずつですが、復興に向けて歩み始めています。

ただ、今回の地震では、4月27日午後3時時点で、罹災申請の家屋でも熊本市だけで11,240件!と伝えられており、熊本県内では約2万7千棟にものぼると言われています。

その多くが地震保険に未加入とされており、厳しい再建の道と思われます。。

どうやって再建することができるのか、考えてみたいと思います。

yjimage

スポンサーリンク


被災家屋の状況と当面の対策は!?

熊本市が受け付けた罹災証明の申請によれば、16,852件が申請され、内、11,240件が全半壊と発表されています。

熊本市は、全半壊を除く一部損壊は、現場確認なしで証明書を発行するとされていますが、全半壊は現場調査を行うとされているものの、着手できていない状況です。

熊本県と大分県をあわせると、一部損壊を含めた被害建物は4万棟を超えると言われています!

安部総理大臣が被災地を訪れ、仮設住宅の建設など、窮屈な避難所生活から普通の生活に近づけられるように、徐々に復興が始まりましたが、4万棟を超える被災家屋の住民すべてを仮設住宅を整えることは困難でしょうから、避難所から損壊しなかったアパートやマンションへの移住を、早期に行う必要があります。

yjimage-1

しかしながら、これまでのところ、熊本市では市営住宅250戸を、原則として6ヶ月間、無償で貸し出すと発表されましたが、全然足りないと言わざるを得ないでしょう。。

東日本大震災の時のように、オール九州とかオール・ジャパンで取り組まないと、みなし仮設住宅の供給も追いつく訳がありません。

国と自治体の迅速な連携が必要ですが、ここでも行政の縦割りが悪さしているのか、進んでいる状況が見えません。。

そうなると、もうひとつ必要な対策は、被災した住宅の再建ではないかと思いますが、これも、色々と問題がありそうです。。

被災者は、なぜ地震保険に加入しなかったのか?

大きな問題となりそうなのが、被災者の多くが「地震保険」に加入していないということです。九州は地震が少ないので、保険に入らなくとも問題ないと判断された方が多かった模様ですが、もっと悪質なのが、保険加入時に「不要」と言われた被災者がいるということです。

今回の地震は、阪神淡路大震災と同様の活断層型と言われ、東日本大震災のプレート型と違い、地震発生の周期が長いとされており、数千年単位とも言われてますから、対応を見誤ったのも無理はないかもしれません。。

でも、専門家の間では、九州の活断層の危険性は、「大きな地震が起きても不思議はない地域だった」と指摘されています。

スポンサーリンク


ここで、地震保険の仕組みを調べてみましょう。

この保険は、1966年にはじまり、阪神淡路大震災以降、加入が促進されたが、2012年の調査によれば、加入率は、過去最高と言われていても56.5%にとどまっています。

地震保険は、住宅と生活用動産に限られており、保険金支払いは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする、火災・損壊・埋没・流出による、全損・半損・一部損壊とされています。

しかも、火災保険に加入する際のオプションとなっており、火災保険の30〜50%に相当する範囲内で保険金額を設定し、建物5,000万円・家財1,000万円が上限となっています。

気をつけなければならないのは、

「地震保険は、建物の時価額の30~50%を限度として補償する保険であるため、地震保険だけでは住宅を再建するための費用(再調達価額)に対して保険金が不足することもありうる。」

ということです。このままでは、多くの被災者が、住宅ローンを借りないと自宅再建ができなくなり、被災した住宅のローンが残っている場合は、二重ローン債務者となってしまうことが懸念されます。

地震保険に関しては、詳しくは、こちらの文献を参考にしてみてください。

地震保険はこうして決めなさい [ 清水香 ]
価格:1543円(税込、送料無料)

 

 

今後、余震が落ち着き、避難所生活でも支援物資が行きわたると、義援金も余ってくることが予想されるので、有効な使い道を考える必要があるのではないでしょうか!?

但し、安易な債務免除はモラルハザードに陥る可能性があるので、十分な検討が必要ですね。。

今回の熊本地震では、震度7の激震が2度襲ったり、活断層の動きがおさまる気配を見せないなど、これまでの地震とは異なるので、まだまだ自宅の再建に向けた動きはできないかもしれませんが、今から検討を始めないと、被災生活が長引くだけなので、行政や日本赤十字などが早期に検討に入る必要があると思います!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

関連記事

b9969381

宮原真理(モデル)逮捕で被害者の名前が話題に!経歴や正体もチェック!

窃盗容疑で逮捕された、自称フリーモデルの宮原真理。 6000万円も盗んだそうですが、被害者の老

記事を読む

スクリーンショット 2016-01-15 15.44.19

軽井沢バス転落事故まとめ!ツアー会社の社長や運転手の責任は?

軽井沢のバス転落事故、 徐々に事実関係が明らかになってきましたが、 これまでの記事を、まとめてみ

記事を読む

20160108-00000010-asahi-000-4-view

国谷裕子がNHKクロ現を降板した理由は?原因や後任を調べてみた!

国谷裕子(くにやひろこ)キャスターが、 NHKクローズアップ現代(クロ現)を、 降板するとのニュ

記事を読む

スクリーンショット 2016-02-16 11.36.59

茂出木浩司が清原和博に続き逮捕?日焼けの理由が話題に!

清原人脈が芋づる式に暴かれていきます! こんどは、芸能人やスポーツ選手ではなく、 料理人の世

記事を読む

51bXhVvDmqL

女性アーティストO(清原逮捕関係者)は誰?名前や正体を調べてみた!

清原逮捕で、次々とイニシャルが登場してきます! 最近、流れてきた情報では、「芋づるリスト」なる

記事を読む

20160711-00510562-shincho-000-3-view

NHK現役女子アナで高級愛人クラブ嬢なのは誰?名前や店名をチェック!

NHKでは、不倫アナウンサーがフライデーされましたが、今度は、デートクラブに登録していた女子アナが、

記事を読む

スクリーンショット 2016-04-02 11.19.06

高森一男(無免許事故)の経歴と画像は?職業や事故原因も調べてみた!

先月の3月27日に、青森県で無免許による交通事故が起きましたが、なんともひどい自体が判明しました!

記事を読む

20160209-00010001-jisin-000-1-view

山田大輔(清原和博の元タニマチ)は社長?会社や資金源もチェック!

清原和博逮捕で、新たな展開が出てきました! タニマチと言われる、清原和博を資金面で支えていた人

記事を読む

afr1601170010-n1

フジメイトトラベル(バス事故)の社長は誰?口コミや評判を調べてみた!

軽井沢バス事故の続報で、 新しい事実が明らかになってきてます! キーストラベルの福田万吉社長

記事を読む

スクリーンショット 2016-06-21 5.20.46

山内翔と桑原和也(バカッターで逮捕)の顔写真は?住所も調べてみた!

バカッターが再び登場でしょうか!? 深夜のコンビニで、アイスクリームの冷凍ケースに横たわって写真撮影

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

kj0475-300x203
ブラピが離婚の理由は?アンジーの子供愛と激やせが原因との噂が!

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの離婚を申請したと、米メデ

f20b9b1d-s
セブンイレブン(小金井市)が話題に?場所と店長の顔写真をチェック!

バカッター現る!コンビニで違法駐車されたことに対する店長のツイッターが

89118_original
高畑裕太冤罪事件のX(被害女性の知人)は誰?LINEの顔写真もチェック!

高畑裕太逮捕は、清原事件や高知東生事件と同様に世間を騒がせましたが、不

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-36-15
週刊文春次の不倫スクープは誰?日曜日人気番組出演の人物をチェック!

中村橋之助の浮気報道で情報番組が騒がしくなってましたが、9月15日放送

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-5-36-10
中村橋之助の浮気相手は京都芸妓の市さよ?すっぴん顔写真もチェック!

歌舞伎俳優の中村橋之助が不倫したと報じられました! 文春砲は健在

→もっと見る

  • サラリーマン人生30年以上を過ごし、この年になっても、興味が湧いたり疑問に感じたりすると、とことん調べないと気がすみません! 特に、笑えたり癒されるような話題に、目がいってしまいます・・。
    このおかげで、色々な分野の知識が身につき、話題には事欠かなくなったので、日々、気になったことを記事にして、笑いと癒しをモットーにアップしていきますので、楽しんでください。
    また記事には、皆さんからの感想やツッコミが励みになりますので、ぜひ、コメント欄からお願いします!!

PAGE TOP ↑